文具、事務機、スチール家具、施設用家具の広文堂

本店小売りの店頭で使用しているiMacですが、先日Mac OS Xの最新版Mountain Lion(10.8.2)にアップグレードしました。

アップグレードして大変使いやすいのが、インターネットブラウザのSafari(6.0.1)です。

上記の写真のとおり、アドレスの入力欄が検索キーワードの入力欄にもなっています。

Macで何かインターネットで調べるときに、今までは右側に表示されていたGoogleの検索窓に入力していましたが今はアドレスでも検索キーワードでも同じ欄に入力が可能です。

この感覚でインタネットエクスプローラ9(IE9)でアドレス欄に日本語を入力すると、当然エラーとなり改めてGoogleの検索窓に入力しなおします。

今後はこのタイプになっていくのでは、、、

※Safari(6.0.1)はMountain LionだけでなくLionでも使用できます。(Lion以前は?)