文具、事務機、スチール家具、施設用家具の広文堂

ホッチキス業界の王者「マックス」がいよいよ針なしホッチキスを発売します。

10月15日のマックスのプレスリリースにて、「サクリステッチャー」を11月19日から発売すると発表しました。

針の品質にこだわってホッチキスを販売してきたメーカーだからこそ、コクヨやプラス、サンスターに次いでの後発の発売となったのでしょう。

異物混入に気を使う食品工場など長年のマックスユーザーから、消耗品を使用しないとめ具の開発が求められ満を持しての発売となった模様です。

またそれだけ針なしホッチキスが一般的になってきたことの証でもあるのでしょうか。

軽くとめられるマックスのホッチキスの名称「サクリ」を冠した針なしホッチキスだけに、とめるときの軽さが他社との差別化のポイントになるでしょう。

※写真は広文堂の針なしホッチキス売り場の参考写真です。また広文堂にて採用した場合には、HPの新商品情報にてお知らせいたします。